お祝いを贈るのならば|もらって嬉しいプレゼントを贈る|名入れボールペンは世界に一つだけ
ボックス

もらって嬉しいプレゼントを贈る|名入れボールペンは世界に一つだけ

お祝いを贈るのならば

箱

縁起がいいものを贈ろう

開店祝いの贈り物を選ぶ時には、自分の「これが良いんじゃないか」よりも相手の都合を考えたものを贈るのが一番です。開店祝いを贈るのは自分だけではなく、多くの人が「おめでとうございます」の気持ちを込めて送るものです。そのため、多くのものが集まりますのであまりにも大きすぎるものなどを贈りたいという場合には事前に贈る人に確認をとってからにしましょう。また、昔から開店祝いとして「赤いもの」は贈らない方が良いと言われています。赤が火を連想させてしまいますので火事を思い浮かばせるとして避けられています。また水を連想させるものも「水が引く=客が引く」という連想になってしまうのであまり適していないと言われています。

花が選ばれる理由

開店祝いには縁起がいいものを贈るのが一番なのですが、お店などの場合にはフラワースタンドを贈るのが最適です。お店の外に並べれば通る人たちにも「ここにお店がオープンしたんだ」ということが伝わる宣伝効果があるためです。この時にもスペースの都合がありますので、相手に確認することを忘れないようにしましょう。フラワースタンドほどじゃなくても良いという場合に選ばれる開店祝いの定番の品は胡蝶蘭です。花言葉が「幸福が飛んでくる」なので、とても縁起がいいのです。さらにフラワースタンドは早ければ数日で萎びたり枯れたりしてしまいますが、胡蝶蘭は1〜2か月も花が持ち、香りや花粉が少ないので飲食店においても食事の邪魔をしないというのが選ばれている理由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加